生きた記録

自分が生きてきた記録をジャンル問わず書こうと思います。

鳥の目を体験した話。

ひさしぶりのこうしん。

最近はずーーーーーっとバイトしてます。


さて、今回は鳥の目線を体験した記録です。

f:id:mainichiikiru:20160902220512j:plain

ハングライダーを体験してきました。

http://www.oshinoskysports.com/

忍野スカイスポーツ倶楽部に行きました。


アクセスが都心からも楽チンでなかなかハードルは低いかと!


予約時間は15時。1430集合とのことでしたが早めに到着。

1時間前にはついてたかな?

この日は私の前後に予約もなかったため、すぐに受付を始めてくれました。


まず初めに、予約をした名前を伝え、誓約書にサインをします。あとはアンケートに答えたり、体重を書いたり…。


その後、服や靴と合わせた体重を計測します。

原則女性70キロ、男性80キロまでとのこと。

3,40キロくらいの方であれば多少の失敗は許されますが、体重が重ければ重いほど走ることが重要になります。

ちなみに私はだいぶ重かったのでしっかり走るようにと脅されました。笑


フライスーツ?フライトスーツ?を着て、地上での練習を少しします。

飛んでからの姿勢を軽く覚えるためです。

大体どんな姿勢になるかさえ覚えれば指示は飛んでからももらえます。

この時も重たい私は吊られる感覚にすでにドキドキ…。


f:id:mainichiikiru:20160902230214j:plain

吊られてる横はこんな感じの芝生。ここに着陸する。


簡単な練習を終えたら山の上へと向かいました。

簡易ロッカーがあるので荷物はそこです。貴重品とかも置いていってと言われるんですが、無人になるようなんですよね、セキュリティ的にはどうなんだろう…。


車は四人乗りの4DWにて(車には明るくないので車種とかは分からないけどボロく見えた。そして土まみれ)山の中腹くらいまで道ならざる道、獣道を15分くらい登ります。

そこからはモノレールとケーブルカーを足して二で割ったような手作りの乗り物にて飛ぶ場所まで。

ここら辺も写真があればよかったのですが、いかんせんケータイを預けていたもので…。


頂上までついたらタンデムをしてくれるスタッフさんがハングライダーを組み立てるのを待ちます。出来上がってくのを見るのはワクワクしますが、なかなか会話が少ない方なので人見知りの人は緊張するかも。


組み立て終わったら軽く走る練習。と言っても2,3秒の距離です。50メートル走で10秒を切れたことがなかった(大学でもなにも運動をしていない)私でもOKもらえました。f:id:mainichiikiru:20160902231206p:plain

ただし本番はこんな感じで山に向かって走ります。怖いです。ビビります。

でも、止まるともっと怖いことおきます。

グライダー30キロ+飛ぶ人の重さがスタッフさんにかかって落ちます。そこそこ高さあります。

なんども脅されるのでビビりますがとにかく足を動かして空へ。


f:id:mainichiikiru:20160902231444p:plain

そのあとはもう鳥の目です。時速約30キロメートルで空の旅。5分くらいですが結構長く感じます。

怖くはなかったです。空は、いいぞ。しか言えなくなります。


話は飛んで着陸について。着陸は脚ではなく腹でします。ズザザーってスライディングみたいに着陸します。最初痛そうだなぁって思ってたのですが、タンデムでやってる限りは足に少し柔っこい衝撃がくるくらいで痛みはありませんでした。

f:id:mainichiikiru:20160902231746p:plain


で、ここからは肝心の料金についてです。

私は25歳未満なので学生料金でした。

基本料金:11,880円

入山料    :1,080円

施設利用料:1,080円

撮影代    :2,160円

計:16,200円


撮影は任意ですが相当数の写真と飛ぶ前からのムービーが貰えるので価値があると思います。おすすめです。


学生でも手の届く値段ですし、一度体験してみては!