読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きた記録

自分が生きてきた記録をジャンル問わず書こうと思います。

Janssonさんの誘惑

 

スウェーデンでクリスマスの時期によく食べられているJanssons Frestelse、ヤンソンさんの誘惑の覚書です。

 

このレシピ試してないので本当に作ろうと思う方はネット、特にクックパッドで探しましょう。

f:id:mainichiikiru:20161204220450j:image

どっかで買った「Svenska institutet」と言う伝統料理のレシピ本からの引用、翻訳?

※目的は私が言葉を忘れないように、読めるようになので、翻訳が曖昧なところありますがお許しください。

 

☆Ingredienser 材料(6-7人分)

•1,2kg potatis じゃがいも

•400g gul lök たまねぎ

•375g ansjovisfilé アンチョビ

•6dl vispgrädde 生クリーム

Salt,vitpeppar 塩、白胡椒

Ev.lite ströbröd その他、パン粉(仮)

smör バター

 

1.じゃがいもの皮を剥き、荒くすりおろします。シュレッドなのでにんじんしりしりみたいな感じで細かく擦りおろさず、スライサーを使って細くしてください。もしくは細く切ります。

 

2.たまねぎの皮を剥き、薄く切ります。

 

3.分量外のバターでたまねぎに色がつくまで炒めます。

 

4.耐熱容器の底にバターを塗り、じゃがいもを敷き、その上から玉ねぎを全体の半分、アンチョビを全体の半分乗せます。

 

5.その後、残りのじゃがいもと玉ねぎ、アンチョビを層状に重ねて行きます。

最後はじゃがいもの層で終わりにします。

 

6.表面を平らにならし、塩少々と白胡椒、パン粉を全体的にふりかける。

 

7.じゃがいもが浸るくらい生クリームを、注ぎます。その上に分量外のバターを少しずつおきます。

そこにさらにパン粉を振りかけるみたいだけどちょっと意味がわからなかったです。

 

8.250℃に予熱したオーブンで約1時間ほど焼きます。

 

 

 

今回ströbrödをパン粉って訳してるんだけどものすごく違和感がある。

現地では粒状のパン粉がメインなので日本のパン粉とはイメージが異なります。

試してないから分からないけど日本のパン粉でも美味しくできると思います。

 

 

あとどなたか写真が反転した時の対処教えてください…。

 

それでは。