生きた記録

自分が生きてきた記録をジャンル問わず書こうと思います。

1月振り返り

取り急ぎ、記録まで

そのうち感想を掛けるようになりたいです。

 

読書

・『老後の資金がありません』垣谷 美雨

・『知って損する!知らなきゃ損する!電力自由化完全ガイド』

・『読んだら忘れない読書術』樺沢紫苑

・『貯金100万円から月収50万円生活』広乃内 友輝

・『十二人の死にたい子どもたち』冲方 丁

・『会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思った時に読む本』斎藤 茂太

・『三越伊勢丹さん、マナーで失敗しない方法を教えてください。』※コミックエッセイ

・『自分の時間が3倍になる人生を変える時間術』千田 琢哉

・『タルト・タタンの夢』近藤 史恵

・『恋文の技術』森見 登美彦

・『パリ行ったことないの』山内 マリコ

計11冊

 

映画

・『シュガーラッシュ・オンライン』

・『ボヘミアン・ラプソディ

計2本

 

飲み(恋人の記録より) 

・SMバー、アマルコルド

牛角 渋谷サード店

・喜久や 吉祥寺

 

反省

飲み会・よかった食事の記録ができなかったので2月からは食べログなんかを活用してうまい具合に記録できればいいなと思います。

恋人を連れてSMバー再訪したことについては記事に起こしたいなって思います。

 

どうしても日々の記録ができなかったこと、ダイエットが口だけになってしまったこと、、、なんかは直したいけどなかなか直せないところなんですよね。

 

次回記事はアコムでお金借りた話になる予定です。が、返済まで終わってからの方がいいか迷い中です。

親不知、抜歯(かれこれ二か月も経っていた)

この記事は親不知を抜くのを待つ間に心境を書き綴ろうとして書き始めたのに気づいたら抜いてから二か月も経っていたという自分のやりきる力のなさを象徴するような記事です。

 

親も知ってる親不知。抜くべき人と抜かなくていい人がいるみたいですね。

生え方や虫歯の有無で決まるとのこと。

私の場合は高校生頃から左右で生え具合が違うながらも骨格的にも生え方的にもそんなに見た限りでは問題がなかったようです。

が、しかし去年くらいから何となく歯が痛く、歯科医に見てもらったところ、レントゲンを撮らされて実は一か所だけ斜めに生えていたことが発覚した。

 

最初の病院で、抜かなくてもいいって言われてたけどこの後痛くなることを考えたら若いうちに(20代前半はまだ若いよな?)抜いてしまいたいと思いセカンドオピニオンへ。

左下以外は生えかたとしては問題ないものの、右奥がすこーしだけ生えててそのせいで磨き残しになりやすくて炎症おこしやすいらしいってよ。

生え方に問題はなくても歯茎が腫れることで知覚過敏も起こりやすくなったり噛んだ時に痛くなったりするそう。他にも何本か虫歯があり、取り敢えず抜いてから治療しましょう!という話に。

大きい病院の方が痛くなく、複雑な歯も抜きやすいですよーと、紹介状を頂く。

歯医者は嫌いじゃないけど、麻酔が怖くて鬱々とした気分に…。

 

そして、ふと思い立ち大きな病院に行きました。

最初は様子見ていつ抜くとか説明とか金額とか話すだけかと思ったら「なんだったら今日抜いちゃいましょうか!」と…。

断れない人間を自認してる私は諦めの境地でハイと答え、あれよあれよという間に準備が進む。

お金持ってないことにして逃げたい…そんな思いを持ちながらも全然会話するタイミングがない。

脳内抵抗虚しく3Dのレントゲンを撮られ麻酔入れることに。

 

「気分悪くなったらすぐに言ってくださいねー」

なんて言われて素直に言える人間はやめたいと思った時に自分でやめられるよなと思いながら麻酔を受ける。

途中本格的に気持ち悪くなって手を挙げると顔色も悪くなっていたようで今日はやめますか?と聞かれたほど。

椅子を起こしてもらったらお医者様も驚く速さで顔色回復したらしく、どれだけ自分は注射が怖かったのかとあきれました。

実際に麻酔が効いてからは先生の腕がよかったのか15分ほどで終わりました。

私の場合は生え方が普通のが4本と斜めが1本だったので抜きやすかったのもあると思います。

 

抜き終わってからはガーゼを必死で噛みました。ここできちんと血を抑えることで腫れや痛みが軽減されるとネットで見たからです。

 

そしてその夜私はしゃぶしゃぶを食べる予定だったのですが、血の味と恐怖と痛み(実際ロキソニンをずっと飲んでいたため痛みは一切感じませんでした)からすりおろしリンゴとつぶしたバナナ、おかゆと恋人の食べていた唐揚げ一口だけで済ませましたとさ。

 

その後の経過としてはざっくり3日くらいはまともに食べられませんでした。

正確には結構食べていたけど時間もかかったし何より怖くてできませんでした。

顔が腫れるのは5日くらい続いていたと思います。

1か月経った今ではそんなこと思い出せないくらいあっさりでした。

 

ただし、食べかすが詰まっていたみたいで傷の治りが遅いなんてこともありましたとさ。

 

 

 

 

 

この記事を書き始めたときは確かに術後回復も詳細に書く気でいたのに3日坊主ならぬ公開前坊主でさらさらーとなってしまいました。このブログの趣旨的によくないなぁ、、、と思いつつとりあえずは公開していきたいと思ったので公開だけします。。。

今後はもっと体験してすぐに書くよう習慣づけたいです。

取り急ぎ、ご報告まで。

こんばんは。

さっそく更新頻度が下がっております。

 

そろそろ今週のお題とかお題スロットとか活用して記事を書いた方がネタに困らないのでしょうか?

 

さて、今日は報告があり筆を執らせていただきました。

なんと!機械音痴として名高い私ですがパソコンを買いました。

勢いで生きているので10万くらいの品をぽんと買ってしまいました。。。

 

今回購入はヨドバシカメラで行いました。

購入時に伝えた使い方は以下の通り。

・ブログの更新や管理、気力余ればレイアウトいじりたい

・動画は見ないし写真・動画の編集はまずしない

・できれば独学で「ぷろぐらみんぐ」なるものに挑戦してみたい

(なお数学途中で諦めたド文系人間)

・価格的には出せて10万円

 

この条件をもとに選んでいただいたのがDELL

Inspiron 14 5000という機種でした。

どうやら最近のWindowsではCOREi5以上じゃないとまともに動かないらしいですね?よう知らんけど。

あとJavaやりたければ5からじゃないと動かないよと言われました。知らないけど。

いやマジで機械音痴パソコン恐怖症の私なのですが前回持っていたパソコンが留学の準備のために購入した(2010年の秋とかに買ったのかな)hpのproブックシリーズという業務用のめちゃくちゃ重い古い機械だったので今のパソコン情報を全く知らないのであります。前の買った時も父とお店の人任せだったし...

今回もお店の人に選んでもらって念のため恋人にも見てもらってなんとか選ぶというみっともなさ。

そのうちこれを使いこなして馬鹿にしてやるんだ!!

 

この製品の使い勝手についてはまたおいおい使わないと私には判断がつかないのでそのうち使い慣れてきたらAmazon楽天のアフィでもつけて案内しますね(どやぁ)

ゆーて毎日でも使わないと慣れることが難しそうだなぁと思います。

そしてアフィについてはありがたいことにこのブログの一番人気記事?につけているからか閲覧数が大変なことになっているのですが、なかなか収益にはつながっていないので毎日更新することで月に缶コーヒー一本分くらい稼ぎたいなと思っております。

最終的にきちんと独自ドメインを取得してぐーぐるあどせんすを付けたかっこいい専門性のある、好きなことだけを書いたブログを、、、なんて夢を見ているのですが専門性あることがないからこそこの雑多なブログが完成しているのですが。

 

さて、話を戻して最後気持ちだけでもこのパソコンの決意をば、、、

とりあえず使い方は明確に決めてないのですがスマホからよりもブログ編集しやすいし株とかに手を出すにしても画面が大きくていいしハロワの求人探すにしても(転職後半年で辞めていいのかは置いておいて)見やすいだろうし何よりも持っているとかっこいい。

 

このパソコンを持ち出してスタバで作業するんだ、という夢を叶えていきたいと思います(やれば明日にでも叶うでしょとか突っ込まないでください)

当面はアンケートサイトとかブログ更新に使っていきたいと思います。

 

次の記事はチャットレディの体入にいった話とチャットボーイをさせた話でも書く予定ですのでお楽しみに。

2019年の決意(という体での生存報告)

お久しぶりです。

最後の更新から何ヶ月経ちましたかね…?

 

なかなか更新頻度低いながらも毎日大勢見てくれてるみたいで嬉しいです。

 

さて、タイトル通りなのですが、今年は更新がんばりたいと思います。

とはいえ三日坊主になるんだろ、とお思いのそこのあなた。

おそらくその通りです。

 

でも今回はチートアイテムを投入します。

今日、パソコンを買いました。

 

2019年のわたしの抱負にパソコン(含めネット)への恐怖感をなくすというものがございます。

 

遅筆で自分嫌いでうまくかけない自分ではあるんですが頑張りたいと思いますんで頑張りますね。

 

あとはアフィリエイトをうまーく活用することで不労所得が欲しい。月ちょっとで全然構わないからどうにか。

 

 

とりあえず取りまとめ

•パソコンから最低週一更新します

アフィリエイトのリンクも貼ります

⇨クリックしてくれたらまたブログにします

•世間の波に遅れないよう頑張ります

✴︎また仕事を辞めたいんだけどギリギリまで耐えようと思います

 

多分再来年くらいに結婚します。(希望的観測

突発的韓国旅行〜意外と楽しめる日帰り〜

7/25に韓国旅行行って来ました。
☆この記事は書いていた2000文字が消えたため後半部分を泣きながら書き直しています。途中で力尽きてても生暖かくお許しください。

日本出発:25日1:55 羽田
韓国到着:25日4:30 仁川

韓国出発:25日22:35 仁川
日本到着:25日24:55 羽田


あえて最初と最後表記違うのですが、弾丸ドッカントラベルです。

航空券はピーチで23,550円サーチャージ込みです。安いですね。びっくりです。
こちらはリゾバ中に終わった後の楽しみに…と思い4月末に申し込みました(ばっくれたのでもっと早くに予約しておけばよかったとか思ってないですよ)。特に早割などはないのですが、安くて人気があるため早めに予約しないと買えない事があるみたいです。
友達と行く際には早めの予約をお勧めします。

ちなみに、前日7/24は品川で友達とお酒を飲みました。程よく酔っていた方が機内寝れるかと思ってましたが周りにドン引きされました。。。

まず、前提として紹介したいのですが、自分はもともと祖父母に影響されたタイプの嫌韓人間でした。
辛い物も得意ではなく美容にもあまり興味なく韓流だけでなく全体的に芸能人に興味なく顔の識別が付かないタイプの人間です。
2016年の頭にギャンブル好きの友人にカジノに誘われプサンに行ったとき、韓国旅行の楽しさ、辛い物以外の韓国料理の魅力に気づき、その後友達を誘うなどし、今回が5回目の韓国、4回目のソウルでした。
韓国への日帰り、一人旅は初めてでした。芸能にも観光にも興味少なかった前提で読んでいただければ幸いです。

さて、実際の行程について触れていきたいと思います。

今回はメインの目的で『イ・ウンミ韓方医院』の美容鍼体験を設定していたほかに全くしたいことがない状況でした。
前日と飛行機に乗る前に空港で予定を組むという無計画ぶりだったのですが自分的には満足いく旅行になったと思います。
イ・ウンミ韓方医院はIKKOさんが広告塔を務める、女医さんの運営しているクリニックです。
ソウルの大きなスーパー、ハーモニーマートの上階に位置するこちらの医院では美容鍼を含むマッサージのコースが有名です。
イ・ウンミ韓方医院|明洞(ソウル)の美容医療・クリニック|韓国旅行「コネスト」
前回のソウル滞在時に『ほくとしちせい』というコルギのお店にいって小顔化を体験した私はすっかり韓国の美容に興味を持ち、いろいろ調べたわけですよ。そうしたらこちらの美容鍼がとってもいいとのこと。
予約はLINEから行え、全部日本語で対応してもらえるのでとっても安心でした。
11時からの予約が取れたのでそこをまず決め、その周りにやりたいことを羅列し、観光してきました。

1.仁川空港『SPA ON AIR』ですっきり
http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/TMC/TE_JA_7_1_1.jsp?cid=2011849
深夜発着ということでシャワーが一番の心配だったんです。龍山のドラゴンスパに行きたかったけどアクセス的に難しいと思って困っていたところ、空港にお風呂があるという情報をゲット。しかも仮眠室(岩盤浴?)の利用がなければ600円程度で使用できるとのこと!!
タオル貸し出し有、新しい建物でキレイ、シャンプーなど(こだわらなければ)備え付けであり、と抜群に使い勝手の良い施設でした。


2.力尽きてソウル駅で寝る
多分1時間くらい寝てた。明洞に行きたかったんだけどお目当ての店が開くまでに1時間くらいあるってことでベンチで寝ました。思ったより時間経っていて、疲れていたことに気づかされました。
この時に二箇所蚊に刺されており、悲しかったです。
めちゃくちゃ痒かった。
このタイミングで換金したかったんだけど、安いところ店開いてなくて失敗。時間は調べてから行った方がいいことがわかった。
ちなみに今回はカード利用をメインに考えていたため、換金はt-maneyカードチャージ用にと5000円くらいでした。
ちなみに小型バッテリーを購入するのに2000円くらい使いました。何やってるんだろう...。

3.《神仙ソルロンタン》にてソルロンタンを食べる
辛いもの全く食べられないのですが、意外にも韓国料理楽しんでます。
ソルロンタンは釜山のカジノで食べて以来大好きで、女三人旅した時にも一人だけ三杯くらい食べていました。
今回神仙ソルロンタンを選んだ理由は単に一人で入りやすいからです。
現地通う人とか旅慣れた人からしたら明洞の、特にここは高いのかもしれませんが、チェーンの分安全性も衛生面も安心かと思います。あとは店員さんが日本人慣れしてるから多少のことは許してもらえます。
味も良い。

4.明洞でお買い物
バラアイス食べました。
スキンケア系の商品買いました。
恋人へのお土産を吟味しました。
スーパーで買うのが好きです。
よく買っているお土産はフレーク状の韓国海苔です。
次回スーツケース持ち込む際にはソルロンタン持って帰りたいです。

5.イ•ウンミ韓方医院で施術
クレンジング→韓方パック→デコルテマッサージ→フェイシャルマッサージ→美容鍼→ビタミンパック→仕上げ
カウンセリングは完全に日本語話せる美人なお姉さまがしてくれました。
クマがひどいって相談しました。顔丸いのがシュッとしてお肌モチモチになりました。
後日から考えると顔を小さくしたいだけなら「ほくとしちせい」の方がいいかもしれません。
総合的にいろいろやってもらいたければめちゃくちゃ良かったです。特に鍼は機械でバシバシ打っていくのが面白かったのでおすすめです。痛みはなかったです。

6.東大門でお店冷やかし&《明洞東大門タッカンマリ》にて1人タッカンマリ
明洞って名前がつくのに東大門にあるというタッカンマリのお店です。
「タッカンマリ 1人」でググると1番上に出てくるはず?
日本人がけっこういました。
お一人様はいませんでした。

タッカンマリ食べたのは初めてでしたが、優しい味だったので食べやすかったです。
調子乗って辛味を入れるとちょっとでめちゃくちゃ辛くなります…。
麺は頼めばよかった(満腹すぎて無理だった)。

東大門は見た目が綺麗ですよね。
あの辺りの服問屋は、おしゃれ力皆無人間には必要品はないんですがフラフラ見るのがなかなかに楽しかったです。

7.弘大で夜店ブラつき&軟雲堂にてかき氷
弘大でモバイルバッテリー購入。
帰国後2,3回しか使ってない、勿体無かった。


かき氷はめちゃくちゃ美味しい。
が、一人で食べてる人いなかったですね…。
量が多かったです。
私はかぼちゃのかき氷をオーダーしました。提供までに40分くらいと言われ実際それくらいかかったので行きたい方は時間を確保した方がいいと思います。

8.仁川空港での韓国体験失敗
20:30までに受付すればいいらしいです。
タックスリファウンドしてたら時間過ぎてました。泣きました。
何度もここが気になっており、今回もメインで組み込んでたつもりだったのですが、タックスに時間かかりすぎ…3分過ぎてます!ってことでガンガン片付けされててごねられませんでした。24にもなってゴネるのが出来ませんでした。残念!!!

9.帰国
終電は終わってます。
私はお父様が来てくれたけど、最初は完全に空港で寝る気でいました。
結構体にキますね。

10.総括
楽しかった。

ガチ陰キャ、ウェイを目指す〜バイクってかっこいいよね〜

みなさまお久しぶりです。
本当に最近は単調な日々を送っておりました。
本当は毎日更新できるくらいエキサイティングな日々を送りたいんですが、なかなか難しいですね。

さて、タイトル通りですがウェイを目指す行動の一環としてバイクの免許を取りました。7/8-7/18まで合宿してきました。
初日バイク起こせず「無理…帰る…」ってなったけど卒検落ち1回の延泊だけで帰って来れました。

~~~~~~~~~~
ざっくりまとめ
~~~~~~~~~〜
自分の状況
普通自動車免許もち
・スケジュール管理がめちゃくちゃ苦手
・運転や自転車乗るといった行動を覚えるのが苦手
・継続力がほぼ皆無
・ぶっちゃけバイクに微塵も興味がない

うん。これは通うより合宿行ったほうがいいね。ということでネットで探して安いところ行ってきました。
口コミがズタボロに書かれていてバイク合宿で一番上に出てくるところです。探せばマジでわかる。

合宿料金・・・大体全部込み、生活費と交通費、振込み手数料まで入れて10万弱くらい。ネット割引あった。
合宿もって行ったもの・・・本3冊くらいと服。日焼け止めは持ってったけど暑すぎて死んだ。
もって行けばよかったもの・・・ひえぴた、湿布。これは買ったけど持って行っていればなぁと思った。

※女性の場合、バイクの合宿を受け付けていない教習所もあるようです。
1番初めに連絡したところから受け入れがない旨のメールが来ました。
要確認です。とはいえそんなに多くはないと信じたいですが…。

免許更新・・・
★更新期間と被る場合には自動更新される
•試験免除は申請書記入(要:写真)、印紙購入、受付→視力確認、暗証番号作成、学科試験•技能試験免除の手続説明、写真撮影、免許交付って感じで3時間弱くらい
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ここからは詳しく
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まず、思い立ったのは四月。
囚われのリゾバ(ばっくれの時効になったくらいでこれも記事書こうと思う。まだ逃げてから時間経ってないんだ…)にてバイクに憧れる。
【ここから逃れたら免許を取る…】
そんな夢を抱いた約1ヶ月後には脱走しました。

自分の場合3ヶ月以上前に予約したんですが、「キャンセルはお金返ってきません!!!この電話で確定ですよ!!!」と脅されました。どうやらサイトによっては全然そんな説明なく、1週間前くらいまでは返金してくれるらしいです。
申し込み前の確認大事。
完全にノリで【バイク合宿免許 安い】とかで検索し、1番上とか2番目くらいのところから
ネット予約⇨メール受信⇨電話で確認
⇨郵送で書類くる、振込等々済ませる⇨合宿を待つ
みたいな流れで予約しました。
スマホ一つで出来ました。

☆上記の通りリゾバで家を空けていたんですね。ただ免許合宿ということもあり現住所と運転免許証の住所違うとややこしいことになりそうだったので親にわざわざ転送してもらいました。
皆さまは自分のところに来るようにしましょう。リゾバは環境によってはマジでクソ(そのうち書くけどあんま書くとバレそう)。


[合宿当日〜制限厳しすぎる編〜]
上で触れたんですが、私の行った教習所は割とネット評判ズタボロです。
行ってみてもなかなか時代錯誤な感じで面白かったです。
ネットの評判ざっくりまとめると
•一部鬼教官がいる
•教習生同士喧嘩する
•出禁の店がある
•鳩の卵が料理として出てくる(という噂がある)
•教官が神様で生徒は奴隷
•口コミ読んだなら絶対行くな
•口コミは人生を舐めてる若者だけだから来るべき
etcetc
改めて見返したけどめちゃくちゃ面白くて笑えます。
Twitterにも監獄って書かれてたし面白いと思います。

【実際にびっくりしたこと】
•鳩小屋がある
•男女会話禁止(やんちゃな人のナンパ対策らしい)
•食堂でケータイ禁止
•出禁の店がある、侵入禁止を言い渡されるエリアがある
•「噂の」教官に初日から「(真面目にやる気ないなら)帰っていいよ!」と言われる

うん。まぁ衝撃的な場所でした。
コミ通りだなーってところもあったけど、閑散期(または夏休み前の、嵐の前の静けさ)だからそんなに不便したことはなかったです。
男性でも追加料金で個部屋選べるので、個人的には年齢上がってるなら個部屋選ぶのおすすめします。周りの飲食店がグッと増えるしできることが広がるので。
特に同時教習だったらあの近辺だけでは絶対に飽きると思います。

[技能の教習について〜恨むべきは己の非力さ、ビビリ気質〜]
バイクの教習では、まず適性検査を受け、その後実際に乗ります。
行った当日に乗らされたので結構びっくりしました。2コマ入っていました。
(同時教習は4日目くらい?に初めてバイク乗ってたみたいです)

1番初めにも書いたのですが、初日はバイクを倒して起こすところから始まります。自分達の回では確か倒してあったのを起こす感じだった?
男性陣6人女性陣3人で挑むも、女性陣誰も起こせず。
コツを聞き力を入れるも、なかなか起こせず。
設備諸々つけたCB400は200キロ近くあったのではないか…。
バイクは倒すもんじゃねぇ。そう学んだ初日であった。
そして、何が怖いかといえば、バランスが安定しないのである。
普段四輪で転ぶなんてことを考えない身からしたら、乗るのにも降りるのにもバランスを取る必要があるバイクは思いの外強敵だった。まず、乗り込むとき右に傾け過ぎるとすぐ倒れる。
降りたとき、スタンド見つけられず手間取るとがっしゃーん。初日初回で3回くらい倒し、その度教官に手伝ってもらったのである。さらにバイクを手で押すのめちゃくちゃ重い。えげつない。
前に友達がバイク押してるのめっちゃ重いって言ってたのうそでしょとか言って正直すまんかった。
一回車庫にしまうときに重すぎて3台巻き込む大きな転倒事故もどきを起こし結構トラウマになった。
バイクやめて帰りたかった。

少しエンジンをかけて、前に進んだり後ろに戻したり、簡単な操作を学ぶ初回。
間違ってエンジンかかったりブレーキだけ握ってエンストしたりなかなか怖かったです。
教官がピリピリしておらず優しかったのが救い。

さて、次の日朝起きた私は絶望した。
体がうまく動かないのである。そう、筋肉痛だ。肩が痛い。腕が痛い。なんなら手も上手く握れない。
先に来ていたお姉様方が「湿布は必須だよ〜。私たちはこれに耐えられずに小型二輪に変えたからね〜」と怖い予言をなさっていった。どうにか400で取りたい…でも体力はない…1番初めの苦難でした。(ちなみに4日目くらいから大分楽になり乗り方を覚えたのか5日目からは何も感じず普通に乗れました。多少左腕は痛かったですが)

そしてビビリさが発揮されたのはクランクである。あの中では細い道の中パイロンを倒さぬよう慎重に進まねばならない。
ぶつかっただけでアウトとなるため慎重に進まねばならない。
バイクの構造上右手のグリップがアクセルになっていて、右手が力んで回した瞬間縁石ドーンとなる。先陣何人か乗り上げていた。
私はといえばひとつめの角が曲がれないのである。
スピードが怖く、ついブレーキをかけてしまい何度も転んだ。そのため、ビビリぐせが出てしまい、クランク=怖いものと刷り込まれ何度も失敗した。卒検でさえも…。

[日常編〜そろそろ書くの飽きて来たからざっくり行きます〜]
まとめの方でも書いた通り、自分は普通自動車運転免許持ちである。
この場合学科免除となり暇な時間が多かった。
が、しかし筋肉痛と慣れない日差しによる熱中症で何度も寝ていた。
女性専用のスペースがあり横になれたのが救いだった。

筋肉痛はなんとか耐えられたが一度熱中症で酷い症状が出た。
深夜高熱の時のような、インフルにかかっているかのような高熱にうなされて目が覚めた。次の日もクラクラしながら講習を受けた。たまたまその日はシュミレーターとオートマ体験だったのでなんとか事なきを得たが、この季節には気をつけるべきないようであった。
この他にも教習中、10分残しくらいで体調悪くなった時もあるので、バイクは気候の影響を考え合宿した方が良い。

ちなみにこの教習所では自転車を貸し出しており、外出が可能となっている。
近く?に映画館やカラオケもあったという情報を聞いたが、ついぞ自分が行くことはなかった。
割と暇でぼんやり本読んだりしてた。

[卒検〜合格率95.5パーセント、1人落ちの辛さ〜]
はい。一回落ちました。
同期で自分だけ落ちるのはなかなか辛かったです。
ちゃんと注意は聞いて頑張っていたのですが、緊張からかクランクでコーンを倒した(ぶつけた?)ようです。

二回目の時は左右の確認過剰でよそ見運転にならないようにね、と注意だけで終わりました。その時は合格率100%でした。

卒検に関してはそうとう苦手意識がある場合を除き、それなりに通過しやすいように感じます。
ただ一本橋スラローム、クランクには注意が必要です!!!




とまぁこんな感じでバイクの免許は取れたのですが、なかなかバイクを買うお金と時間がなくまだまごついてる感じです。
誰かバイク貢いでくれる方いたらコメントください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

カンボジアの性風俗について

カンボジア旅行中に色々同行者が経験したことをまとめます。本当なら自分が経験してレポしたかった…!!なんで身体性女なんだ…!!!

 

 

 

あ、今回は1番主流?っぽいナンパとかKKは行ってないです。同行者がビビったのとそんな乗り気じゃなかったのを私が押し切ったためかな?

 

マッサージ店で起こったことなのでお金の交渉次第では最後まで行けたっぽい。

 

0.ネットで読んだカンボジアの風俗大雑把まとめ

クラブでのナンパとマッサージが主流らしい。どうやらトゥクトゥクの運ちゃんがお店に運んで行ってくれるらしい。ただし遊ぶときは基本的に貴重品は持って行かない方がいいらしい。ホテルの金庫にスマホとか預けていくのが吉らしい。

同行者は思っていたより英語能力が低くて、本当に「出川イングリッシュ」を話してた。なお、原則簡単な意思の疎通は本当にそのレベルでできていた。日本人はもう少し度胸をもって突っ込んでいったらいいのかもしれない。

さて、話がそれてしまった。

カンボジアではKKと呼ばれるカラオケのようなクラブ?でお持ち帰りするのが一番コスパ良いらしい。ホテルまで込でも100ドルで遊べる、みたいなことが書いてあった。交渉次第なんだろうけれども。

 

1.今回実行に移した背景

まず、ホテルの立地がものすごくよく、シェムリアップ一番の歓楽街であるパブストリートまで徒歩一分もかからない距離だったのです。その近くにネットにもよく情報の出ている風俗街(怪しげな、夜のみ開くマッサージ店街)がありました。つまりトラブって手持ち全部没収されても怪しい人たちに追いかけられてもなんとかホテルまで逃げ帰ってこれるだろう、というのがありずっと同行者に勧めておりました。

次に、これは後述するんですがアンコールワット観光の後に普通にフットマッサージを受けに行った大通り沿いの健全そうな店で同行者が【男性に】スペシャルなサービスを受けたらしいのです。そのリベンジを兼ねて、普通のお姉さんに相手にしてもらいたい、という気持ちが芽生えたのか、私の説得が効いたのか、同行者は夜の街へと消えていきました。

 

2.大通り沿いのマッサージ店でのスペシャルマッサージ

シェムリアップで1,2を争う大きな通り、シヴァタ通り沿いにある店でした。全体的に紫っぽい風貌で女の人がたむろってたけど、その前に白人のおじ様が入っていったこともあり店を決めました。

アンコールワット観光で暑い中何時間も観光をしていたので完全に足が疲れていて、マッサージを欲していたのです。

とりあえずということで二人で足のマッサージコースに入りました。価格は確か60分で3ドルだか4ドルだったはず。私には女性がついて同行者には男性が付きました。

せっかくだったからいろいろ話しかけてみようと、前日習った「プロサハーン(イケメンみたいな意味)」を使い、コミュニケーションをとっていました。同行者についていた男の子が(19歳だったらしいんですが)めちゃくちゃかわいく、女性も感じがよかったのでせっかくならという気持ちでオイルマッサージも頼みました。全身用。

そうしたら店内に案内されて、シャワーカーテン並みのうっすいカーテン越しにパンツ一枚で寝るように指示されました。結構この時点で私は帰りたかったです。

まぁ、マッサージが始まるとよくある東南アジアの安いオイルマッサージという感じで悪くはないけど良くもない、疲れてるときには寝れるくらい気持ちいいという感じのマッサージでした。私の方は。

うとうとしていたら隣から「俺先にホテルに戻っているから」と声がかかってびっくりしました。この時なんかかなりやばいことになっていたらしい。

 

後から聞いた要約

普通にマッサージが始まった。足元から。

          ↓

だんだん腿に近づくごとにいやらしい感じになる。

          ↓

鼠径部のマッサージを執拗にされ、ちょっとやばい雰囲気を感じる。

          ↓

竿に手がいき、しごき始められる(ここまでは何とか耐える)。

          ↓

口に咥えられ、「あ、これは」と悟る。

          ↓

なんとか考えないようにしていこうとする。だめで女性と代われないか交渉。

          ↓

交渉失敗。逃げたくてホテルに帰ろうとしたら「With me?」と聞かれる。

          ↓

私のめちゃくちゃ好みの男の子だったのになぜ持ち帰らない。と怒られる。

 

分かると思うんですが全く値段交渉なしで始まったらしいんですよね。怖い。

何の躊躇いもなくマッサージが始まったらしいから少なくとも彼個人はそういったサービスを頻繁に行っていたのかもしれないですね。

次の日、私が店の前を歩いたら笑われたんですがなんか因果関係ありますかね。

 

3.普通の女性のマッサージに行ってみる

その日、ツアーで一緒になった女の子たちと飲んでてホテルに戻ったのが日付変わるくらい。そんな時間から行くのは不安だったけども、前日のリベンジをしたがる人の後押しをしないなんて、そんなの友達じゃないよね!!!

財布とスマホ、パスポートその他貴重品を預かって、時計と43ドル(その時たまたまキリいい感じで持ってたから)、旅の指差し会話帳だけ持って送り出しました。

 

こっちも要約だけ

お姉さんに店の外から勧誘される。

      ↓

5人くらいつく。断ったら2人まではなんとか減らせた。

      ↓

服脱ぐごとにチップを要求される。

      ↓

43ドルじゃ全然足りないといわれる。

      ↓

とりあえず上裸で手と口だけで?抜いてもらう。

      ↓

時計預かっててあげるからホテルからお金とってきて。と脅される。

      ↓

この時点でカバンの中漁られたらしい。怖すぎ。

      ↓

入口のおばちゃんが日本語で「どうだった?」とか聞いてくる。

めちゃめちゃ日本語上手かったらしい。

 

これを経験した同行者のアドバイスなんですが、

・お金は細かくして持って行った方がいい(おつりとか絶対来ない)

・値切りは早い段階からちゃんと行うこと

・かなり細かくチップ迫られるからとにかく粘った方がいい

・絶対に貴重品は持っていくな

 

 

――――――――ここからは風俗情報ないし読まなくてもいいよ――――――――――――――

3.シェムリアップで思ったこと

通常のフットマッサージが大体5ドル/時間。トゥクトゥクで町観光して1時間くらい付き合ってもらって5ドル。ワンピース1着、早い段階で値切りを諦めても6ドル。町の屋台で買ったバロックは確か3個で1ドルくらい(1500リエルだったと思う)。

こんな街で1時間程度の性サービス(口と手)で二人で45ドルはかなりいい稼ぎなのではないだろうか。カンボジアには学校が少ない、教育を受けてきた人が戦争で殺された、などと地雷博物館でまなんだけれど、実際どうすればあの町から世界に羽ばたけるんだろうな。

日本語が堪能な、アンコールワットを案内してくれた31歳のガイドさんは日本に一度も来たことがないらしい。バブル時期に日本人が多く来ていたのを見て日本語を学び始めたのだそう。HISと契約していて、取り分はどうなっていたのだろうか。

トンレサップ湖観光は一人25ドルで半日くらい付き合ってもらって、でもあれもかなり運転手とガイドさん、船主さんと関わった人間から考えるとなかなかの金額(あの日は7人もいたけど一人から敢行するらしい)設定なのではないだろうか。

トンレサップ湖の上で、蛇を首に巻いて「1回1ドル」と語りかけていた少女が1日に手にできる金額と、性風俗で1時間で得られる金額、どちらが多いんだろう...。

なんて、よくわからないことに思いをはせました。

日本でもコンビニや居酒屋のバイトをしてる何か国語も話せる留学生が性風俗での稼ぎよりよっぽど安く(月収と日収が並ぶくらいなんじゃないか)働いているのが最近疑問なんですよね。性風俗が高いのは当たり前なんですけど、他のバイト安すぎませんか。

最後の方は愚痴となりましたが、お読みいただきありがとうございました。